様々な虫歯の治療法

虫歯の治療には、保険の適用内でできる治療と、保険は適用されなくても効果が高い治療法や見た目が良くなる治療法もあります。
歯医者に行って治療を受けているときに、『C1』『C4』といった単語が先生の口から聞かれることがありますが、これは虫歯の進行状況を判断する目安として用いられる専門用語で、虫歯のカリエス(caries)の頭文字のCを取ったものです。
C0が初期虫歯を表し、歯に穴があく前の初期虫歯のことを言います。
この状態であれば、フッ素やキシリトールを使って再石灰化させる治療法がありますが、これには保険が適用されないこともあります。

歯の治療というと削ったり抜いたりというイメージがありますが、薬での治療やオゾン治療と呼ばれる削らない方法もあります。
いずれの方法も虫歯の進行程度や保険の適用があるかどうかによって、その治療を受けるかどうかは個人の判断に委ねられます。
しかし、削らない治療方法もあることを知っておけば、歯医者への苦手意識が強い方でも早期に歯医者に行くきっかけにできます。
虫歯の治療というのは早期の治療がとても重要になります。
虫歯が進行しダメージが大きくなればなるほど、治療の時間や手間やお金も増えていきます。
虫歯について気になることがあったら、とりあえず最寄りの歯医者に行って治療についての相談をすることが大切です。
虫歯の治療が終わった場合でも、定期的に歯科検診を受けておくと安心できます。
今回は削らない治療や最新の治療について紹介します。


≪特選サイト≫
削り過ぎて歯が無くなってしまった場合にはこのようなインプラント治療が有効です ⇒ インプラント

Copyright © 2014 虫歯の治療法 All Rights Reserved.